猫、慢性腎臓病のクロちゃんが食べている食事(餌)最近、好きなもの♡

相方のノンタンが、8月に急に亡くなってしまい、一人ぼっちになってしまったクロちゃんです…外を眺めているのを見ると、ノンタンを探してるのかなぁ…と切ない 😥 

ノンタンの分まで、しっかり生きてね~!!

腎臓病のクロちゃんがよく食べている食餌を紹介

慢性的な腎臓病のせいで、最近食欲はあるものの体重は2020.1月に2.8kgあった体重が7月には2.1kgになってしまいました。

獣医さんに聞くと、食べていても体重が減るのは病気の子には自然なことらしいです。

春頃までは「懐石キャットフード 腎臓ケア」を食べていましたが、歯が抜けてきたのか食べずらそうで、キャットフードは食べなくなってしまいました。

なんとなーく、コーナンで購入した「15歳以上 まんぷくパウチ」を食べさせたところ気に入ったらしく、6月頃から食餌量も上がりました!

この頃から、毎月うっていたステロイドの注射も、うたなくても調子が良くなってきました。何が効いたのかは??よくわかりませんが、機嫌よく毎日を過ごしてくれているからいいかと思ってます。

「まんぷく」はちゃおチュールに似たどろっとした液状で、高齢猫でも食べやすい一般食です。

コーナン まんぷく パウチ 15歳以上 LIFELEX 猫 歯が悪い シニア

コーナンで58円/1個(税抜)

コーナン まんぷく パウチ 15歳以上 LIFELEX 猫 歯が悪い シニア

一般食になります

「まんぷく」は喜んで食べてはくれますが、一向に体重は増えずで、一般食だからか栄養が偏ってしまっているのかなぁ。。。とも?

猫の総合栄養食と一般食の違い

総合栄養食とは、バランスよく作られていてその食事と水があれば、健康を維持できるフードの事です。

一般食は、総合栄養食と一緒に与えて下さいと記載されてます。おかずのようなものです。総合栄養食か一般食かは、パッケージの裏に記載があります 🙂 

15歳以上 歯が悪い シニア 一般食 まぐろ 腎臓病 食べられる

これは一般食になります☆

15歳以上 歯が悪い シニア 一般食 まぐろ 腎臓病 食べられる

裏面に必ず記載されてます☆

クロちゃんのように、歯が悪い子でも食べられる、柔らかい液状の物で一般栄養食がないかなぁと探しました!

一般的に販売しているちゃおチュールは、「おやつ」の分類にあたりますが、ちゃおチュールも総合栄養食がありました

味は、まぐろ、かつお、とりささみなどです 🙂 クロちゃんは、基本的にささみは好まず、まぐろなどお魚系が好きなのでまぐろをあげています。

おやつのちゃおチュールと変わらず食べてくれたので、これで何とか栄養付けて欲しいなと考えてます。

ちゃおチュール まぐろ 猫 腎臓病 高齢猫 食べられる 食事

総合栄養食のちゃおチュール、お試しで4本入りを購入☆

デメリットとして総合栄養食のちゃおチュールは、1本あたり約40円します 😯 でも、食べてくれるだけ有難いことです!!

ちゃおチュールの総合栄養食だけを食べさせるなら、体重1キロ当たり6本との記載でした。2キロなので12本 😯 なかなか12本食べさせることは難しい…

総合栄養食を食べる量を増やしたくて、「懐石キャットフード腎臓ケア」をミキサーですりつぶして、ふやかした物もあげたりしてます。が、やはり形状的にはちゃおチュールみたいなのが、食べやすそうですね…

懐石 zeppin 腎臓ケア 15歳以上 高齢猫  食べられる キャットフード 

総合栄養食の「懐石腎臓ケア」

懐石 zeppin 腎臓ケア 15歳以上 高齢猫  食べられる キャットフード 

粉々にして、お湯でふやかします☆

高齢猫の食事 食べやすくあげ方も工夫「ちゃおちゅーるあげ」

今までは、手に乗せて食べさせてました。手に乗せると食欲がなかった時期も食べてくれることが多かったです。

最近はちゃおチュールのCMのように端を少しだけ切って、ちょっとずつ出してあげると喜んで食べてくれることを発見しました 🙂

メリットは手が汚れないのと、食べられる量を調整しやすく、必要な分だけ出せるので、ちゃおちゅーるも無駄になりません。

総合栄養食 ちゃおチュール 高齢猫 腎臓病 食事 あげ方

「総合栄養食ちゃおチュール」食べてます☆

暑い時期には、ちゃおチュールを冷蔵庫で冷やしてあげると喜んでます。常温だと、ちゃおチュールもゆるくなってしまって、落としがちです。ごめん、クロちゃん!今回たまたま常温でした 😐 

クロちゃん暑い夏だけど、しっかり食べてね~!!

ペットの病気やケガで、どうするべきか迷った時に、、、ペットの知恵袋はこちらから登録できます 🙂